MATERIAL of KOVA's


illust11.gifillust11.gif材料について col25.gifillust3.gif

石けん作りの材料について、一般的な情報と個人的使用感
KOVA的石けん作りのポイントなどをまとめました。

*Botanical Butter*  植物バター

シアバター
南アフリカのサバンナに自生するシアの果実の核を絞った、天然バターです。アフリカでは皮膚に直接塗ることで、紫外線や乾燥から肌を守り、傷んだ肌の手入れや傷の手当てをしたり、筋肉痛などにも効くと言われています。保湿効果が高く、皮膚を柔らかくし、老化肌に弾力と潤いを与えるので、肌荒れや敏感肌の為のエモリエントクリームやリップクリームの原料としても使われ、石けんにいれると溶け崩れの少ない石けんになります。KOVAは秋から冬にかけてにはガーナ産オーガニックの精製シアバターをたっぷりと石けん作りに使用しています。
※シアバターは紫外線吸収剤や散乱剤を配合した日焼け止めクリームに変わるものにはなりません。

gr_top.gif

□アロエバター
ココナッツオイルにアロエベラを浸してつくられたバターです。保湿効果にプラス、消炎、鎮痛、水分補給効果があると言われ、日焼け後のスキンケア、トラブル肌の回復促進の為、クリームなどに使われます。石けんに入れるとココナッツオイルの効果もプラスされ泡立ちが良くなります。夏をメインに春から秋まで軽い洗い心地が魅力です。

gr_top.gif

□アボカドバター
森のバターとも呼ばれるアボカドの果肉からとれるバターです。栄養価が高くお肌の再生や老化防止には必須のビタミンを多く含んでいます。石けんに入れるととてもクリーミーな使い心地で、肌に潤いと弾力を与えるKOVAお気に入りのバターです。型抜けのよい石けんが出来上がります。

gr_top.gif

□マンゴバター
マンゴーの種子から採取した、黄色っぽい植物性のバターは、ステアリン酸を多く含んでいるので肌に柔軟性を与え、保湿とシワ防止に効果があります。紫外線防止効果もあり、お肌を老化から守り潤いを与えます。敏感肌・ベビーソープにも適しています。

gr_top.gif

□ヘンプシードバター
皮膚の保護機能と免疫機能を高めるγ・リノレン酸を含み、とても栄養価が高く肌へなじみやすく、保湿性があります。乾燥肌やトラブル肌のマッサージなどに効果的といわれています。

gr_top.gif

□ココアバター
保湿効果が高く、皮膚を柔らかくする作用があると言われている。また、溶けやすく皮脂にもなじみやすい。化粧品や石鹸の材料に使われるポピュラーなバターです。石けんを硬く仕上げる為に使われる事が多いバターですが、KOVAはこのバターに若干の刺激を感じる為、現在は香りを生かした石けんを作る際にのみ使用しています。チョコレートの甘い香りが魅力のバターです。
※ココアにアレルギーのある方はご使用になれません。

gr_top.gif

□マカデミアナッツバター
マカダミアナッツから抽出されるバターです。加齢とともに減っていくパルミトレイン酸を多く含んでいるため、石けんを作ると老化防止だけでなく酸化防止効果も期待できます。

gr_top.gif

□オレンジバター
オレンジの果皮からとれるオイルとワックスにスイートアーモンドオイルを加え、水素添加大豆油を使って固形にしたバターです。光毒性はありません。水素添加大豆油については少量ですが諸説ありますので気になる方は使用しない方がいいでしょう。石けんに10%〜使うと精油やフレグランスオイルには無いフレッシュオレンジのジューシーな香りがお楽しみいただけます。

gr_top.gif